About Us社長挨拶∼CAST-UDとは∼

建設に関わることなら「なんでもやる会社」「なんでも任せられる会社」それが株式会社CAST-UDです。 建設に関わることなら「なんでもやる会社」「なんでも任せられる会社」それが株式会社CAST-UDです。

当社の社名CAST-UDの「CAST」は
土木(Civilengineer)
建築(Architecture)
測量(Surveyor)
技術者(Technologist)
の頭文字から生まれました。
「CAST」の4文字には、建築におけるすべての段階において高いレベルで極めていく「なんでもできる会社になってやろう」という思いが込められています。

CAST-UD図CAST-UD図
02
 創業当時からの当社の強みは開発許可の取得、行政協議など、建築設計の前段階にあたる様々な手続きの代行、これらに伴うインフラや道路など土木関連の設計にあります。
 当社には、一級・二級建築士をはじめ、測量士、土木施工管理技士、宅地建物取引士などの資格取得者が多数在籍しており、多岐にわたる不動産関連諸法令の知識を所有しています。この強みを軸とし、スムーズな開発行為許可の申請、取得できる社内体制を整備することで、長年に渡り、大手デベロッパーをはじめとするクライアント様から「開発に強いCAST」としての経験と実績、そして信頼を積み重ねて参りました。
 近年では建築設計の分野にも積極的に進出し、戸建て住宅、集合住宅、老人ホーム、医療施設、物流施設、ビジネスホテルなどを中心に、土地活用を検討されるクライアント様にとって、最大限のご満足をいただける建築設計をご提案しております。
 大型ホテルや大型老人ホームなど設計実績を積み上げるなかで多彩な人脈が培われてゆき、建設に関わる各分野の専門業者とのルート構築に成功。2013年には、一般建設業を執り行うことができる会社として認可を得ました。これにより設計から施工までを一貫して請け負う“ワンストップサービス”が可能になりました。さらに一般建設業での施工実績を多数積み重ねることで、2020年に特定建設業免許を取得するに至りました。これにより大規模建築物の施工が可能になり、名実ともに「なんでもできる会社」へと転身を遂げました。
03
0404
 誤解のないように申し上げますと、当社はただ単に大規模な受注だけを目指して企業活動を行う集団ではありません。開発設計・建築設計並びに建築工事全ての段階を一貫して受注できるだけでなく「この分野のこの部分だけ請け負ってもらえる?」といった部分的な受注にも喜んで応じる。「CASTさんならこんな仕事も出来るんじゃないの?」といったチャレンジングなご相談にも「やります。やれます。やってみせます。」の精神で積極的に取り組む。大規模建築物から個人宅まで建設に関わることなら「なんでもやる会社」「なんでも任せられる会社」それが株式会社CAST-UDです。なんでもご相談ください。必ずご期待に答えてみせます。

サイン